Raspberry Pi 3 Model-Bを購入したお話。

こんにちは。おひさしぶりで。 最近はとくにこれといった記事のネタもなかったので久々に投稿。

例によってまた暇な日々を過ごしているわけですが、なんとなく気になっていた Raspberry Piに手を出してしまったので、その内容について少し書いていこうかと思う。

事の発端は、Raspberry Piの実用例みたいなものをググっていた。 いろいろしらべると、まあ出てくるものだ・・・

  • NAS
  • Music Player Daemon
  • 温度計
  • 自動ツイートシステム
  • Etc・・・

まあ、技術屋としては気になって仕方がない。

なんとなく難しいかななんて思っても、NAS、MPDはそんなに難しくなかった。ヘタするとviエディタの 使い方を覚えるほうが難しいかもしれない。 そんなことを考えながらAmazonでポチろうとしたわけだ。とりあえずRasPi3、ACアダプタ、ケースの 3つを揃えようとしたのだが、価格は7000円ぐらい。まあ安い方。

と思ってたら翌日にアキバ出張になったので、現地調達。

DSC_0243.JPG秋月、千石、マルツの御三家まわってみたけど値段は全部一緒で6200円。 もっと価格競争してくれてもいいのですよ笑

俺が買ったのは、本体とACアダプタのみ。 液晶もキーボードもマウスも、HDMIケーブルもMicroSDも必要だけど

それはまあほら・・・

どこのご家庭にも

 

転がっていますよね。(ありません!!!)

 

つーわけで。 とりあえず開封 DSC_0244.JPG どっからどー見ても普通のRaspberry Pi 3

あとは、どこのご家庭にもあるダンボールを、基板サイズに切って 穴をあけて、バンドで固定したらプロトタイピングの準備は完了です。

DSC_0248.JPG

次回はRaspberry Pi用のOS ”Raspbine”のインストールあたりについて書いていきますかね。 最終的には

DSC_0245.JPG

LANケーブルと電源だけで稼働するようになりますよ!

それでは、皆さん、アディオス!