Raspbian Jessieを日本語環境で使えるように

さて、前回の記事で無事にリモートデスクトップ接続できるようになったと思う。 下の画面みたいに表示されていれば成功!

RDP in.png

login.png

このように、xrdpがリモートデスクトップのサーバー環境を提供してくれる。 今回はリモートデスクトップでいろいろやっていこう。

なんとなくだけど、こんな感じでやってるとかっこいいじゃん?(SSH使えよ・・・

RDP2.png

日本語環境を導入する

そうそう、本題。日本語環境を導入するんだよね。日本語使いたいよね?日本語大好きだよね? 日本語に叶う言語はないよね?そう思ってる皆さん、お待たせしました。

いよいよ日本語環境の設定です。 ちなみに俺氏、使ってるキーボードはAX配列なんで、キーボードの設定はまあ個人個人で。

では早速、恒例のコマンドから。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install fonts-vlgothic
$ sudo apt-get install ibus-mozc

とりあえずUpdateするらしい。俺も詳しくはわかってない。 次。日本語対応フォントを入れるらしい。 その次。ibus-mozc どうやら、これはIMEらしい。

設定を”日本語”にする

順番通りに進めていこう。 まずは[Menu]→[Preferences]→[Raspberry Pi Confingration]

これで、設定窓が立ち上がる。

Localizationのタブ→Set Locale...

  • Langage: Japanese
  • Country : JP (Japan)
  • Character Set : UTF-8

Set TimeZone

  1. Japanを選択してOK
  2. もう一度開いて、見るとAsia/Tokyoになっている

 

そしたら再起動。

$ sudo shutdown -r now

このコマンド、結構よく使うんでぜひとも覚えておいていただきたいです。

再起動したらメニューとかはだいたい日本語化されてる感じ。 されない場合、四角で文字化けするときは設定しなおすしかないかな。

iBusの設定

ibus.png

これを設定する。 開いたら「入力メソッド」を選択→「追加」をクリック 日本語を選択して、追加をクリック Mozcを選択して追加をクリック

画面右上、USをクリックしてMozcを選択。

これで日本語入力可能になります。

次回は、Sambaでファイルサーバーにするあたりを書けたらいいなぁ。