読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニUSB-DACをケースに入れる

USB-DACとは

最近よく聞くようなUSB-DACというものがあります。コレは何か。

音楽を聞く際に、普通は3.5mmステレオジャックにイヤホンなりヘッドホンをいれて皆聞いてると思います。(一部の人を除く)
ただ、PC標準だったりRaspberry Pi標準だったりするのは音質が良くないと言われる。実によく言われる。
USBでドライバ突っ込んでやれば、USBからデジタル出力できるんです。カンタンに音質アップができるらしい。当然ながら、値段の高いものほど良い音質で出せるがここまで来るとDACよりもその先、スピーカーやヘッドホンまでこだわらなくてはならないので、ある程度で妥協します。

購入

そんなわけで、私が買ったのはコレ。

www.elekit.co.jp

この機種は小型、バスパワーで一応PCM2704Cというそこそこ定評のあるチップを使っている。
また、この記事が何番煎じなのかわからないぐらい、色んな人がレビュー記事を書いている。

当然、このDAC以外にも選択肢はあるのだが、あえてコレを選定した理由は俺がただ単純にRaspberry Piで使いたかったからという、単純な理由です。それ以上はできればツッコミ無しでお願いします。

値段もケース込みで3000円程度で入手可能。アキバだと千石電商とかにもあるし、ヨドバシ6階でも取り扱ってました。

開封の儀

早速開けましょう。使いましょう。

f:id:T_Shino:20161013222024j:plain

小さいです。左側がUSB-miniB、右側が出力側

PU-2111互換ケース

当然ながら、基盤のみしか売っていませんので、ケースも買ってきます。

f:id:T_Shino:20161013222217j:plain

 

 

中身は美味しくいただきます。

f:id:T_Shino:20161013222320j:plain

 

加工手順

食べ終わったら水洗いして水分をとばします。
フタを分解して、ある程度位置決めを行い、下記のように穴を開けます。

工作の精度に自信のある方はΦ5.5にします。
ピンバイスで2mmの下穴をあけておいてから、5.5mmで穴を広げる感じにします。

f:id:T_Shino:20161013222654j:plain

 

USBの端子が出るように加工します。油性ペンとかであたりをつけてから加工を開始しますが、ニッパーとかで縦に切ると変に裂ける恐れがあるので、まち針の先端をライターであぶって貫通→あぶって貫通→と溶かす感じで加工します。

バリの処理はしっかりヤスリをかけましょう。100均のダイヤモンドヤスリなど使うとカンタンですよ。

f:id:T_Shino:20161013223007j:plain

 

そしたら基盤をケースにインストールします。裏面に両面テープ(10mm角ぐらい)のやつを貼り付けておくと、ガタつかなくていいです。

f:id:T_Shino:20161013223214j:plain

 

まとめ

あれ・・・?サイズ合わなくね??

パッケージを見ると120% BOOSTERって書いてある・・・?

 

どうやら、ケースサイズが変更されていたようです。
私は、またそのうちいつものフリスクケースのサイズに戻った頃リベンジすると心に誓いました。

 

以上、USB-DACの組み上げでした。