読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHP 結構便利?連想配列を使う

どうも。今回、PHPわりと使ってたので自分用メモにでも書き残しておこうかとおもいましたが、気がついたら前の記事もPHPで何かしてましたね。

 

というわけで、本題。

連想配列

意外と便利なんですよこれ。C言語触ってたプログラマからしたら、こんな使い方アリ!?って思うような書き方なんですが、割と使うこと多くて。

 

$var_ary = Array(
    'character-1' => '友利奈緒',
    'character-2' => '渋谷凛',
    'character-3' => '結城明日奈',
    'character-4' => '西木野真姫'
) ;

 

 

とまぁ、こんな感じの配列があったとしましょう。

 

参照するときは、これでOK
    var_ary['character-1']

 

このように、キー名で指定するとそのままデータを引っ張ってこれる。

多次元配列だとこんなかんじ。

$var_ary = Array(
    'character-1' => Array(
        'Name' => '友利奈緒',
        'Title' => 'Charlotte'     ),
   (以降省略
) ;

 

 

参照は以下のように。
    var_ary['character-1']['Name']

 

と、まあ割りと便利かと。

 

あと、PHPデバッグのページでは、SQLの問い合わせ結果が数件の情報を引っ張ってきたり、多次元配列の内容を表示したり結構ある。

配列の中身をみたいとき、Webに表示したいとき、そんなときはこれ。
     print_r($var_ary);

と指定してあげれば良い。配列の中身がそのまま全部出てきます。