USB-DAC PU-2111 の実力は?

先日紹介しましたフリスクケースに入るUSB-DAC PU-2111、これをPCに繋いで使っていはじめましたが、結構気になる所も出てきました。

ミニUSB-DACをケースに入れる - 俺達は、ずっと何かを探してる

そんなかんじで使ってみた感覚を軽く書いていきたいと思います。

 

まず、気になったのがノイズ・・・ですかね。

カンタンに普段使っている環境です。

この環境のときは気になるものはありませんでした。多分それ以上に俺の耳がもそこまでよくないのかもしれないですが・・・

そして、PU-2111を接続。こいつはICがPCM2704が搭載された実力派のはず。

 

でもね、つないで、3.5mmジャックからスピーカーに入力するとホワイトノイズが混ざるんです・・・ほんとに小さい音量だけどね。
あと、ヘッドホンすると気になるんです。気になっちゃうんです。

 

PCのオンボード3.5mmジャックからもあったんですが、それが嫌でUA-25EXをデフォルトにしてたんですよね。でもなんか、結局自分には合わなかった感じ。

 

こんどは3.5mmのケーブルの方も変えて試してみようかと思います。

どこまでノイズを消せるのか。まだまだチャレンジは続く。