QRコード決済の真骨頂は個人間送金にあり!

こんばんわ、篠原です。

タイトルにもありますが、先日友達同士で金銭の収受を行うことが必要となりました。送金の手間を考えたとき、せっかくなのでPayPay個人間送金を使おうって話になりました。 いままで自分自身、スマホ決済に関しては、実はあまり積極的ではありませんでしたが、使ってみると思いの外便利だったので記事にまとめてしまおうと思います。

f:id:T_Shino:20190214024832j:plain

※写真はバレンタインなのでチョコレートにしてみました

スマホ決済とは

スマホ決済には何種類かあります。

日本で主流なのは前者のFelica決済ですが、実はこれ、NFC-Type FというSONYが規格したRFID接触企画に則ったもので、ガラケー時代からおなじみ、おサイフケータイに使用されているものです。 主にモバイルSuica、ApplePay、QUICK Payなどがあります。

一方、後者のバーコード決済は主に中国などの先進国で主流となっており、こちらは中国国内で流通するスマートフォンNFCが搭載されていないなど、金銭的問題によるもので普及が進みました。 日本ではこれが使えるサービスは今の所、LINE Payと、PayPayですかね。あとは少数派ですがOrigami Pay, KYASHなど。 スマホ決済を進めるにあたってはPayPayの、100億円あげちゃうキャンペーンは記憶に新しいかと思います。これによって、PayPayは一度にかなりの利用者を囲い込むことに成功しました。

今回の話題では主に、後者のバーコード決済がメインになります。

バーコード決済方法

やり方は簡単で、支払いはすべてウォレットアプリで完結します。バーコードを表示し、それをレジ端末で読み取るだけ。実に簡単ですね。 システムは、基本的には払う側がQRコードを提示し、POSレジで決済手続きを行うことで支払いが完了します。

日本市場では正直、需要はない

正直、手軽さで言えばモバイルSuicaオートチャージや、クレジットカードのほうが利用店舗も多いです。また、一般利用者への普及率もかなり高く、日本にはバーコード決済は普及難しいのでは?と思っていました。 私の周りの中のいい人たちも、つい最近まで同じような感想を抱いていました。そしてみんな、口を揃えてSuicaオートチャージのほうがラクというのは間違いではないです。

一方でのQRコード決済というのは、Felicaを持たないスマートフォンでも決済が可能です。もともとスマホ決済でQRコード決済というのは海外のNFC Type-A,Bなど、Felica以外の通信方式を搭載したスマートフォンや、新興国の非接触に対応していないスマホの利用者が多い国で需要がありました。 そのため、海外(主に中国)では一気に広まったと思われます。また、POSレジ等がFelicaに対応する必要もなく、インフラ面ではかなり有利になります。 日本の場合で見ると、キャッシュレスを実現したいと思いつつも、MVNOのローエンドからミドルレンジあたりの格安のスマホを使ってる方たちにも需要があります。 現実では格安スマホの利用者は割と少なく、たいていの人はキャリアのスマートフォン、またはApplePay対応のiPhoneを使っている人が日本では大多数を占めているため、実際のところ注目度が低い話でした。

PayPayの戦略

LINE Payは、なんとなく自分の周りでも広まった感じには思えないです。一方PayPayは、各エディアでも取り沙汰された「100億円あげちゃうキャンペーン」で驚異の還元率20%を実現しました。また、CMを大々的に打ち出したのも起爆剤となり、利用者は急増。このシステムの名前を知らない人はいないでしょう。 しかし、同時に短期間で終了してしまったことがありました。またクレジットカードの不正使用等の悪評もそこに拍車をかけ、最終的には知名度が広がる結果になりました。 その一方、加入店舗の拡大を進め、FamilyMart系列はPayPay決済に対応したことにより、日常生活での利用者も獲得しました。

前回の反省を踏まえ、今回は還元の上限が少なめのキャンペーンを打ち出しました。これを気に、私もチャージしてほそぼそ使っていく予定ではあります。

真骨頂は「個人間送金」

タイトルにもあります通り、実はこれらのバーコード決済サービスには呼び方こそそれぞれ違いますが、QRコードによる個人間送金が可能です。表示したQRコードをその場で読み取るか、またはスクリーンショットなどから読み込むことができ、宛先を即座に指定できます。

f:id:T_Shino:20190214025253j:plain

QRコード決済のお手軽さ

QRコード送金はとてもお手軽です。いままで個人感想金の方法といえば、銀行振込、手渡し、オンラインバンキング・・・と金融機関を経由した送金しかできませんでした。 また、同じ銀行内であっても手数料がかかったり、口座番号の入力や、オンラインバンキングであれば使いにくいUIと、大量の振込情報を扱う必要がありました。 オンラインバンキングで家にいながら振込が可能になったとはいえ、また、スマホ用アプリが必要とはいえ、比較的手間ではありました。

操作を簡単にして即時決済

例えば・・・

飲み会のとき、500円足りないし、ATMから下ろすと手数料かかります。時間によっては取扱期間外だったりと・・・というわけで代わりに友達に立て替えてもらいます。 わりと遠方に住む友達で、直接渡すにはちょっと遠いし、電車代もかかるしめんどくさい・・・ オンラインバンキングを使おうにも、口座情報とかって聞くのめんどくさいですよね。 相手さんも、それを返してもらうためにキャッシュカードとか準備しなきゃいけませんし、いちいちLINEなどで振込先情報を連絡したり。

受け取ってから、そのぶんを使おうにも・・・・・・手数料かかる!!

個人間送金だからできること

友達に、スマホ表示したQRコードをスクショ撮って送ってもらいます。画像を保存したら、アプリで読み込むだけ。 手元ではすでに振込先情報が入力されています。金額を設定して「振込!!」 すると、アプリの方では即時に残高が引かれ、友達の手元には送った金額が即時反映されます。

もちろん手数料もかかりませんし、入金が即時反映されます。受け取った友達は、そのまま会社の帰りにファミチキをPayPay残高でそのまま買うことができます。

即時反映の仕組み

即時反映はいかにして単純化できたのか、それは「企業側が法人口座を持っていること」にあります。 これはPayPay側の口座にまとめた金額が入っているだけで、個々人ごとに口座があるわけではありません。登録したユーザーが今いくら持っていて、いつ支払ったかの情報だけ保持していればいいからできることです。 送金と言っていますが、実際は金額が動いているわけではなく、データベース上の残高が更新されただけなのです。

法人管理の口座のメリット

Suica決済サービスなどへの対応は、各会社がチャージした文を持っています。導入した店舗へ支払われるときは、この口座から各店舗へ支払いが行われます。そのため基本的には保持している決済情報を集計して、末締めの後払いになります。 このとき、お店側はものを売ったものの、手元にお金がない状態になります。品物を作れば売れるほど、後払いの額が大きくなり、最終的にはこういったキャッシュフローの仕組みに飲まれて倒産してしまう企業も存在します。 クレジットカードも同様で、決済手数料が惹かれた金額が末締めの後に支払われます。これは信用取引だからこそできることで、自分の手元から引かれるのも後払いになります。

ですが、PayPayシステムはシステム間に金額が担保された状態で動きます。手元の残高から引き出すことも可能で、そうすれば「お金が無い期間」というものがなくなります。また、お金がなければそもそも一切の購入ができないため、こういったキャッシュフローの仕組みに飲まれることもなくなります。

これに関しての仕組みはとても長くなってしまうことと、仮想通貨で直接お話したいと思いますので、続きは後日のネタにとっておきます。

まとめ

とても脱線してしまいましたが、「今度あったときに」とか「銀行に振り込まれたけど、下ろすのめんどくせー」ってのがなくなります。思い立ったら即入金、そのまま残高は店舗で使える・・・ これがホントの、「金は天下の回り物」でしょうか。

いままでは個人間送金に関して実は結構手間だったりしたものが、このようなスマホ決済アプリの登場により手軽に行えるようになったのは、本当に素晴らしいことだと思います。 一見してしまうと「スマホ決済」と読んで名のごとくですが、支払い以外にもチップ感覚で送金ができるようになった今、個人間送金の利用が増えることを切に願っていたりします。

みなさんも、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。